とやまD'DAYS

とやまD'DAYS2018 会うことで生まれるデザイン

EVENTS
交流イベント

8/27Mon

オープニングイベント

セレモニー・展示解説

「とやまD'DAYS 2018」のスタートを記念し、オープニングセレモニーおよび富山県総合デザインセンター所長 桐山登士樹による展示解説を行います。
日時: 8月27日(月) 10:00〜10:30
場所: 富山県総合デザインセンター 1F展示室
※事前申込み不要・入場無料

記念セミナー

「二人が挑むテキスタイルデザインの世界」
日時: 8月27日(月) 10:45〜12:30
場所: 富山県産業高度化センター2F 会議室
定員: 50名程度
参加費: 無料
日常生活と密接な関わりを持つテキスタイル。衣服やインテリアなどはもちろん、図案や手触りを生かして、その活躍の場は大きく広がってきている。世界的ファブリックメーカーのデザインも手がける鈴木マサル氏と新進気鋭のテキスタイルデザイナー氷室友里さんが挑むこれからのテキスタイルデザインとは。ライフスタイルの変容とともに変わりつつある「テキスタイル」の世界をお話しいただきます。

参加お申込み

講師

モデレーター

ワークショップ

日時: 8月27日(月) 13:30〜15:00
場所: 富山県総合デザインセンター 2F クリエイティブ・サロン
定員: 20名程度
参加費: 無料
【テキスタイルデザイン・ワークショップ】
鮮やかな色彩、ユーモアのあるモチーフ、ダイナミックな構図からアプローチする鈴木さん、生地素材や織りの構造からアプローチする氷室さん。ふたりのデザイナーが協働して、新しい富山のテキスタイルを考えます。
「製作体験」ではありませんのでご了承ください。

参加お申込み

講師

モデレーター

9/21 Fri

記念フォーラム

各分野のデザイン専門家をゲストにお招きし、対談と質問形式で討論するフォーラムを開催。さらに、ゲストらと気軽に会話し親睦を深めることができる交流会も開催します。

テーマ:「気づきとデザイン」

日 時:9月21日(金) 15:00〜17:45(交流会は18:00〜19:00予定)
場 所:株式会社能作 2F カンファレンス
定 員:70名程度
参加費:記念フォーラム 無料 / 交流会 おひとり2,000円(軽食・ドリンク付)
※交流会の参加費は記念フォーラムの受付時にお支払いいただきます。
※交流会のみのご参加はご遠慮ください。

The 1st Talk「デザインの可能性、領域を越えて挑む世界」
出 演:川崎和男 × 畠山耕治
内 容:近年"デザイン"は他分野を取り巻きながら活躍の場が広まり、個々の領域を越えるチャレンジが求められている。デザイナーであり医学博士、教育者でもある川崎和男氏と世界的金属工芸作家の畠山耕治氏は今デザインに対してどんな可能性を感じているのか。分野の異なるお二人に独自目線からデザインの可能性と挑む世界についてお話いただきます。
The 2nd Talk「デザインのニューエイジ、エンジニアデザインの世界」
出 演:吉泉聡 × 武井祥平
内 容:DESIGN THINK+DO TANKを掲げ"別の可能性をつくる"さまざまなプロジェクトを展開している「TAKT PROJECT」代表の吉泉聡氏と、アート、デザイン、サイエンス、エンジニアリングと領域を越えて様々な研究と実践をおこなうエンジニアの武井祥平氏をお招きし、デザイン界でその重要度が増してきている「エンジニアデザイン」の世界をお話いただきます。
モデレーター富山県総合デザインセンター所長 桐山登士樹

「交流会」も参加希望の方は、こちらの予約フォームからお申込みください。
参加お申込み

「記念フォーラム」のみ参加の方はこちらの予約フォームからお申込みください。
参加お申込み(交流会不参加)
9/22 9/23

オープンHUB

新しいデザイン交流拠点「クリエイティブ・デザイン・ハブ」。とやまD'DAYSで特別に解放し、第一線で活躍するデザイナーらをゲストに迎え、共に考え、共に創造するダイナミズムを体験していただきます。午前はものづくり、特に開催地高岡の伝統産業の現場を見学。午後は少人数によるグループディスカッションやワークショップを通じて、より実践的な「気づき」の共有をめざします。
日 時:9月22日(土)、23(日) 10:00〜18:00
場 所:富山県総合デザインセンター 2F クリエイティブ・サロン
(午前中のプログラムを除く)
定 員:各回10〜20名程度
参加費:無料
9/22

Field work A
「銅器団地オープンファクトリー」

日 時:9月22日(土) 10:30〜12:00
場 所:高岡銅器団地協同組合(富山県高岡氏戸出栄町43-1) ※現地集合
解 説:富山県総合デザインセンター 主任研究員 平野尊治
ロゴ
「銅器団地オープンファクトリー」とは、「高岡銅器」の一大生産拠点「高岡銅器団地」が工場を開放し、鋳造をはじめ、工程別に分かれた様々な金属加工の現場を見学できる期間限定のイベントです。
参加お申込み

デザイン相談サロン
「cafe D'DAYS」

日 時:9月22日(土)、9月23日(日) 12:00〜13:00
場 所:富山県総合デザインセンター 2F クリエイティブ・サロン
内 容:
2日間限定の特設サロン。富山県総合デザインセンター所長 桐山登士樹、プロジェクトリーダー 岡雄一郎ほか、研究員がさまざまなデザイン相談に応じます。コーヒーと軽食をご用意してお待ちしています。
参加費:無料(事前予約不要)
※飲食代のみ自己負担
9/22 午後すべてのSessionへの
お申込みはこちらから!

9/22 午後すべてのSessionに
参加お申込み

Session 1
テーマ:ビッグデータ時代の地域の可能性

ゲスト:澄川伸一 × 桐山登士樹
日 時:9月22日(土) 13:00〜14:00
場 所:富山県総合デザインセンター 2F クリエイティブ・サロン
内 容:
IT技術とデータマイニング技術の進展により、様々な場でビックデータが活用されている。その膨大な情報量から読み解く地域の可能性とは。バックパッカーと海外勤務含めた世界57ヶ国の滞在経験をもち、リオ オリンピック公式卓球台のデザインを担当するなど、世界からも注目を集める澄川伸一氏にデザインセンター所長桐山が聞き手となってお話いただきます。

参加お申込み

Session 2
テーマ:布の世界とその表現、可能性

ゲスト:須藤玲子
日 時:9月22日(土) 14:15〜15:00
場 所:富山県総合デザインセンター 2F クリエイティブ・サロン
内 容:
日本の伝統的な染織技術から現代の先端技術までを駆使し、新しいテキスタイルづくりをおこなう須藤玲子氏。今年の春に行われた東京・六本木の国立新美術館では319匹の様々なテキスタイルのこいのぼりで現像的な空間を生み出すなど、「布」の表現の自由さと可能性を感じさせてくれる。第一線で活躍し続ける須藤氏に「布」というアイテムから無限に広がる表現とその可能性についてお伺いします。

参加お申込み

Session 3
テーマ:関係性のデザイン、間と発見

ゲスト:吉泉聡
日 時:9月22日(土) 15:15〜16:00
場 所:富山県総合デザインセンター 2F クリエイティブ・サロン
内 容:
ミラノデザインウィーク2018 グランドセイコーのインスタレーションや2017ミラノトリエンナーレ美術館でのアイシン精機のインスタレーションなど数々のプロジェクトを手がける「TAKT PROJECT」代表の吉泉聡氏。「関係性」をキーワードに、独自の切り口から新たな表現を生み出す吉泉氏にお話をお伺いします。

参加お申込み

Session 4
テーマ:ロボット制御プログラムとデザイン

ゲスト:武井祥平
日 時:9月22日(土) 16:15〜17:00
場 所:富山県総合デザインセンター 2F クリエイティブ・サロン
内 容:
デザイナーが思い描くプランを実現させるのに欠かせないエンジニアリング。2017年のミラノデザインウィークで発表されたアイシン精機のインスタレーションではTAKT PROJECT吉泉聡氏のコンセプトを実現するためにロボット制御システムを構築し、新しい表現を実現させた。研究者・エンジニアとして様々なプロジェクトを成功に導いてきた武井氏にロボット制御プログラムとデザインについてお話いただきます。

参加お申込み

Session 5
テーマ:環境デザインの新提案

ゲスト:久保田善明
日 時:9月22日(土) 17:15〜18:00
場 所:富山県総合デザインセンター 2F クリエイティブ・サロン
内 容:
富山大学に新設された都市デザイン学部都市・交通デザイン学科の教授である久保田 善明氏。公共空間デザイン、景観整備の経済価値評価、公共デザインへの経営学的アプローチに関する研究を行う久保田氏に「環境デザイン」の新たな切り口をお伺いします。

参加お申込み
9/23

Field work B
「能作」

日 時:9月23日(日) 10:00〜11:30
場 所:株式会社能作(富山県高岡市オフィスパーク8-1)※現地集合
高岡市オフィスパーク
錫100%の曲がる器「KAGO」シリーズなどで全国的知名度を誇る富山県高岡市の鋳物メーカー。仏具、茶道具、花器に始まり、近年はテーブルウェアやインテリア雑貨、医療器具など新分野に進出しています。通常日曜日はお休みですが、今回は特別に鋳物場、仕上場などを見学します。

参加お申込み

デザイン相談サロン
「cafe D'DAYS」

日 時:9月22日(土)、9月23日(日) 12:00〜13:00
場 所:富山県総合デザインセンター 2F クリエイティブ・サロン
内 容:
2日間限定の特設サロン。富山県総合デザインセンター所長 桐山登士樹、プロジェクトリーダー 岡雄一郎ほか、研究員がさまざまなデザイン相談に応じます。コーヒーと軽食をご用意してお待ちしています。
参加費:無料(事前予約不要)
※飲食代のみ自己負担
9/23 午後すべてのSessionへの
お申込みはこちらから!

9/23 午後すべてのSessionに
参加お申込み

Session 6
テーマ:人と地域文化をつなぐ"移動"の世界

ゲスト:株式会社クリエイティブボックス
日 時:9月23日(日) 13:00〜13:45
場 所:富山県総合デザインセンター 2F クリエイティブ・サロン
内 容:
近年注目が集まる日本の伝統的なものづくり。表層的な部分のみならず、精神やカルチャーにおいても海外から高い評価を得ています。そんな中、日産の先進的開発を担うクリエイティブボックスがHUBに拠点を置き、感じた富山の可能性とは。先端産業からローカル分野まで様々な領域へアンテナを張りながら活動を行うクリエイティブボックスのデザイナーにこれからのものづくりの可能性を「移動」という切り口からお話いただきます。

参加お申込み

Session 7
テーマ:デジタルファブリケーション時代のものづくり

ゲスト:吉田真也×窪英明
日 時:9月23日(日) 14:00〜14:45
場 所:富山県総合デザインセンター 2F クリエイティブ・サロン
内 容:
元メカニック出身のプロダクトデザイナーが、アルゴリズムやデジタルファブリケーションなどを活用した、新しいものづくり事例をお話しします。

参加お申込み

Session 8
テーマ:「気づき」から「造形」へのプロセス

ゲスト:松山祥樹×堂本拓哉
日 時:9月23日(日) 15:00〜15:45
場 所:富山県総合デザインセンター 2F クリエイティブ・サロン
内 容:
デザイナーが五感を通じて捉えた「気づき」を商品の「造形」表現に昇華させるプロセスについて、株式会社ナガエで商品化した「collinette.」を事例にしてお話しします。

参加お申込み

Session 9
テーマ:富山もようプロジェクト

ゲスト:小柴尊昭×吉田絵美
日 時:9月23日(日) 16:00〜16:45
場 所:富山県総合デザインセンター 2F クリエイティブ・サロン
内 容:
風景や食、ものづくりの文化など、地域の特色をテキスタイルデザインで表現し、その魅力を共有するプロジェクト「富山もよう」についてお話しします。

参加お申込み

Closing Talk

ゲスト:桐山登士樹×岡 雄一郎
日 時:9月23日(日) 17:00〜17:30
場 所:富山県総合デザインセンター 2F クリエイティブ・サロン
内 容:
「とやまD’DAYS」の開催を経て、富山県のデザインがどのように深化していくか、展望と具体的なアクションをお話しします。

参加お申込み