CALENDAR

2018/09/23
【D’DAYS】デジタルファブリケーション時代のものづくり
申込受付終了
講 師
吉田 真也

プロダクトデザイナー

1984年生まれ。元自動車のメカニック。その後専門学校でデザインを学び、2012年「SHINYA YOSHIDA DESIGN」としてデザイン活動を開始する。同年より日本工学院専門学校PD科非常勤講師。HUBLOT DESIGN PRIZE 2017ノミネート、GOOD DESIGN賞、iF DESIGN賞など受賞多数。生活用品などのプロダクトデザインを中心に、エンジニアリング/製造ディレクション業務なども行う

窪 英明

富山県総合デザインセンター副主幹研究員

開催日時: 2018年09月23日(日) 14:00~14:45
会場: 富山県総合デザインセンター 2F クリエイティブサロン
【D'DAYS 特別プログラム】
元メカニック出身のプロダクトデザイナーが、アルゴリズムやデジタルファブリケーションなどを活用した、新しいものづくり事例をお話しします。
D'DAYS 特設サイトはこちら
2018/09/23
【D’DAYS】「気づき」から「造形」へのプロセス
申込受付終了
講 師
松山 祥樹

プロダクトデザイナー

2012年より三菱電機株式会社デザイン研究所にてプロダクトデザイン業務に従事。公共機器や家電製品から、途上国向けのソリューションデザインまで、多様な領域の研究開発に取り組んでいる。また、並行して行う個人の活動では、生活用品などを中心に国内外で様々なプロジェクトを発表。「 富山プロダクトデザインコンペティション」グランプリ、「Lexus Design Award 2014」「 グッドデザイン賞」などを受賞。

堂本 拓哉

富山県総合デザインセンター副主幹研究員

開催日時: 2018年09月23日(日) 15:00~15:45
会場: 富山県総合デザインセンター 2F クリエイティブ・サロン
【D'DAYS 特別プログラム】
デザイナーが五感を通じて捉えた「気づき」を商品の「造形」表現に昇華させるプロセスについて、株式会社ナガエで商品化した「collinette.」を事例にしてお話しします。
D'DAYS 特設サイトはこちら
2018/09/23
【D’DAYS】富山もようプロジェクト
申込受付終了
講 師
小柴尊昭

富山もようプロジェクトプロデューサー

アクティベーションデザイナー。ビジュアルをはじめとした非言語コミュニケーションを起点として組織活性を支援。2014年より、テキスタイルデザイナー鈴木マサル氏の協力を得て、地域資産をモチーフとしたパターンデザインを開発し地域活性を行う富山もようプロジェクトを推進。

吉田絵美

富山県総合デザインセンター主任研究員

開催日時: 2018年09月23日(日) 16:00~16:45
会場: 富山県総合デザインセンター 2F クリエイティブ・サロン
【D'DAYS 特別プログラム】
風景や食、ものづくりの文化など、地域の特色をテキスタイルデザインで表現し、その魅力を共有するプロジェクト「富山もよう」についてお話しします。
D'DAYS 特設サイトはこちら
2018/09/23
【D’DAYS】クロージング トーク
申込受付終了
講 師
桐山 登士樹

富山県総合デザインセンター所長

岡 雄一郎

富山県総合デザインセンタープロジェクトリーダー

開催日時: 2018年09月23日(日) 17:00~17:30
会場: 富山県総合デザインセンター 2F クリエイティブ・サロン
【D'DAYS 特別プログラム】
「とやまD’DAYS」の開催を経て、富山県のデザインがどのように深化していくか、展望と具体的なアクションをお話しします。
D'DAYS 特設サイトはこちら
2018/09/23
【D’DAYS】オープンHUB
申込受付終了
講 師
開催日時: 2018年09月23日(日) 13:00~17:30
会場: 富山県総合デザインセンター 2F クリエイティブサロン
【D'DAYS 特別プログラム】
9/23の午後プログラムの一括申し込みフォームです。
各プログラムはこちらをご覧下さい。
2018/09/23
【D’DAYS】オープンHUB
申込受付終了
講 師
開催日時: 2018年09月23日(日) 13:00~18:00
会場: 富山県総合デザインセンター 2F クリエイティブサロン
【D'DAYS 特別プログラム】
9/22の午後プログラムの一括申し込みフォームです。
各プログラムはこちらをご覧下さい。
2018/09/22
【D’DAYS】ビックデータ時代の地域の可能性
申込受付終了
講 師
澄川 伸一

大阪芸術大学教授/プロダクトデザイナー/澄川伸一デザイン事務所代表

【D'DAYS 特別プログラム】
ソニーデザインセンター、ソニーアメリカデザインセンター勤務後、澄川伸一デザイン事務所設立。工学部デザイナーとしてと三次元CAD/3Dプリンターをフル活用した幾何曲面設計を得意とする。2016年はリオ オリンピック公式卓球台をデザインし、世界中で話題となる。ドイツIF賞、ドイツレッドドット、富山プロダクトデザインコンペ 大賞その他グッドデザイン賞など多数受賞。グッドデザイン賞審査員を13年間歴任。
D'DAYS 特設サイトはこちら

桐山登士樹

富山県総合デザインセンター所長

開催日時: 2018年09月22日(土) 13:00~14:00
会場: 富山県総合デザインセンター 2F クリエイティブ・サロン
【D'DAYS 特別プログラム】
IT技術とデータマイニング技術の進展により、様々な場でビックデータが活用されている。その膨大な情報量から読み解く地域の可能性とは。バックパッカーと海外勤務含めた世界57ヶ国の滞在経験をもち、リオ オリンピック公式卓球台のデザインを担当するなど、世界からも注目を集める澄川伸一氏にデザインセンター所長桐山が聞き手となってお話いただきます。
D'DAYS 特設サイトはこちら
2018/09/22
【D’DAYS】布の世界とその表現、可能性
申込受付終了
講 師
須藤 玲子

テキスタイルデザイナー/東京造形大学教授

武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科デキスタイル研究室助手を経て、株式会社「布」の設立に参加。国内外の数多くの展覧会に出品。代表作にマンダリン オリエンタル東京(2005年)、東京アメリカンクラブ(2011年)、大分県立美術館(2015年)がある。作品はニューヨーク近代美術館、メトロポリタン美術館、ボストン美術館、クーパー・ヒューイット美術館、ビクトリア&アルバート美術館他に収蔵されている。

開催日時: 2018年09月22日(土) 14:15~15:00
会場: 富山県総合デザインセンター 2F クリエイティブ・サロン
【D'DAYS 特別プログラム】
日本の伝統的な染織技術から現代の先端技術までを駆使し、新しいテキスタイルづくりをおこなう須藤玲子氏。今年の春に行われた東京・六本木の国立新美術館では319匹の様々なテキスタイルのこいのぼりで現像的な空間を生み出すなど、「布」の表現の自由さと可能性を感じさせてくれる。第一線で活躍し続ける須藤氏に「布」というアイテムから無限に広がる表現とその可能性についてお伺いします。
D'DAYS 特設サイトはこちら
2018/09/22
【D’DAYS】関係性のデザイン、間と発見
申込受付終了
講 師
開催日時: 2018年09月22日(土) 15:15~16:00
会場: 富山県総合デザインセンター 2F クリエイティブ・サロン
【D'DAYS 特別プログラム】
ミラノデザインウィーク2018 グランドセイコーのインスタレーションや2017ミラノトリエンナーレ美術館でのアイシン精機のインスタレーションなど数々のプロジェクトを手がける「TAKT PROJECT」代表の吉泉聡氏。「関係性」をキーワードに、独自の切り口から新たな表現を生み出す吉泉氏にお話をお伺いします。
D'DAYS 特設サイトはこちら
2018/09/22
【D’DAYS】ロボット制御プログラムとデザイン
申込受付終了
講 師
武井 祥平

エンジニア/研究者

東京大学大学院 情報学環・学際情報学府修士課程修了後、クリエイティブスタジオnomena設立。工学的な発想から生み出される独自の空間表現が、さまざまな分野から評価されている。東京都現代美術館ブルームバーグ・パヴィリオン・プロジェクト公募展グランプリ(2012)、DSA日本空間デザイン賞金賞(2017)、日本サインデザイン協会SDA賞優秀賞(2017)他。2018年より東京大学大学院情報学環 特任研究員。

開催日時: 2018年09月22日(土) 16:15~17:00
会場: 富山県総合デザインセンター 2F クリエイティブ・サロン
【D'DAYS 特別プログラム】
デザイナーが思い描くプランを実現させるのに欠かせないエンジニアリング。2017年のミラノデザインウィークで発表されたアイシン精機のインスタレーションではTAKT PROJECT吉泉聡氏のコンセプトを実現するためにロボット制御システムを構築し、新しい表現を実現させた。研究者・エンジニアとして様々なプロジェクトを成功に導いてきた武井氏にロボット制御プログラムとデザインについてお話いただきます
D'DAYS 特設サイトはこちら