CALENDAR

2018/07/02
コンセプトカー展示 記念イベント
講 師
堀江 勝人

日南グループ 代表

1970年 神奈川県に「日南工業」を創業
1974年 社名を「株式会社 日南」に改称
2000年 富山県高岡市に「株式会社 ウイン・ディー」を設立
大手家電メーカーや自動車メーカーの試作モデルを作るなどの開発のための総合的な支援を行う開発総合支援企業。卓越した統率力で、日々成長を続ける日南グループを牽引している。

戸根 隆裕

㈱クリエイティブボックス ゼネラルマネージャー 
兼日産自動車株式会社 グローバルデザイン本部デザインビジネスマネージメント部長

1986年日産自動車株式会社デザイン本部入社。フィガロ、B14 サニー、N14パルサー等のエクステリアデザインを担当。2014年よりグローバルデザインビジネスマネージメント部およびクリエイティブボックス社(CBI)のGM。2017年、UX・UIデザイン部を新設。

開催日時: 2018年07月02日(月) 15:30~17:30
会場: 富山県総合デザインセンター 1F 展示室(高岡市オフィスパーク5番地)
 7月2日から富山県総合デザインセンター展示室の産業観光展示コーナーで「コンセプトカー」(①NISSAN DAYZ TEATRO 2015年発表 ②INFINITI ESSENCE 2009年発表)の展示を行います。
ものづくりにおいて重要なポジションである「モックアップ」。その製作において世界屈指の技術を誇り、今回、展示するコンセプトカーを製作した 日南グループと、NISSAN DAYZ TEATROのデザインを手がけた ㈱クリエイティブボックスか
らお二人をお招きし、トークイベントを開催します。両者のケーススタディにみるモックアップの重要性とその効果、デザインとモックアップ製造の立場の異なるお二人のトークセッションは、これからのものづくりに欠かせないデザインプロセスを見つめ直すヒントになるのではないでしょうか。皆様のご来場をお待ちしております。
2018/03/14
パーソナルモビリティのカテゴリーをつくったパイオニアが語る ひとを中心にしたものづくり
申込受付終了
講 師
加藤 喜昭氏

アイシン・コムクルーズ(株)取締役社長

開催日時: 2018年03月14日(水) 18:00~20:00
会場:
自動車業界において、様々な専門領域で高い技術力を誇るアイシングループ。その中でも近年注目されている自動車の電子化、システム化などに関わるソフトウェア開発を専門とするのが加藤喜昭氏が取締役社長を務めるアイシン・コムクルーズです。
 日本で鉄道が走り始めて約140年、自動車が走り始めて約110年。人の生活と共に「移動」のあり方は変化し、技術も進歩してきました。次世代モビリティーから、それを取り巻く環境やシステムまで。ひとを中心に考えるこれからの「移動」の在り方について語っていただきます。
2018/01/22
次代を拓く素材・技術・用途のデザイン
申込受付終了
講 師
ドリルデザイン(林 裕輔 氏・安西 葉子 氏)

林 裕輔と安西 葉子によるデザインスタジオ。2001年設立。プロダクトデザインを中心に、グラフィック・パッケージ・空間デザインなど、カテゴリーを超えてデザインとディレクションを行う。アートディレクション、ブランディングデザイン、素材開発、用途開発、技術開発の協力など、カタチをつくる以前の段階からプロジェクトに参加することも多く、クライアントと共に新しいデザインの可能性を広げている。また、日本の高度な技術や素材を、デザインを通して商品化し、世界へ向けて発信することも積極的に行っている。

開催日時: 2018年01月22日(月) 18:00~20:00
会場: 富山県総合デザインセンター  2F クリエイティブサロン
インテリアデザインから素材開発や、新たな用途開発など、従来の枠組みを超えた幅広い活動を展開するデザインスタジオ、ドリルデザインのお二人を招き、その実例をお話いただきます。昨年11月にオープンしたデザインセンターの新拠点クリエイティブ・デザイン・ハブでは、次世代開発のスキームづくりを目的に、各分野で活躍するスペシャリストを講師に招いた「イブニングサロン」を開催します。ハブがオープンし第1回目となるイブニングサロンにぜひご参加ください。
2017/11/15
クリエイティブ・デザイン・ハブ オープン記念セミナー、施設見学会
申込受付終了
講 師
延岡健太郎

一橋大学イノベーション研究センター長、教授

1981年大阪大学工学部卒業。マツダ(株)入社、商品戦略担当。93年マサチューセッツ工科大学(MIT)経営学博士。94年神戸大学経済経営研究所助教授、99年同教授。2008年より一橋大学イノベーション研究センター長、教授。専門は経営戦略、技術経営。主な著作は『MOT [技術経営] 入門』『価値づくり経営の論理』など。

林信行

ITジャーナリスト

「ステキな21世紀」をテーマに、これからの時代の風景をつくる試みを取材。ニュース記事やソーシャルメディア、講演を通し伝えている。最近はファッション、教育、ヘルスケア領域に注力。著書・連載多数。(株)リボルバー社 社外取締役。ジェームズ・ダイソン財団理事。ビジネス・ブレークスルー大学講師。

開催日時: 2017年11月15日(水) 10:45~12:45
会場: 富山県産業高度化センター2F 会議室(高岡市オフィスパーク5番地)
この数年で世界の産業が一変するような動きがあります。IoT、AI、EV等が生活の中で急速に身近になることで起こる変化にどう対応するか、世界中の企業が今、大きな岐路に立っています。
当デザインセンターでは、この大変革に対応するため、世界のスペシャリスト達との異脳交流によるイノベーション創出を目指し、新たな拠点としてクリエイティブ・デザイン・ハブをオープンします。
記念セミナーとして、技術経営を専門とする一橋大学イノベーション研究センター長、教授の延岡健太郎氏、アップルやグーグルの企業動向の分析をはじめ、独自の視点で取材を行うITジャーナリストの林信行氏をお迎えし、イノベーションに関するお話を伺います。
セミナー後には施設見学会も開催いたします。